スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「山田家家訓」

2013.12.29 00:00|発行物
ymdk.jpg

2013年12月29日 発行
文庫サイズ/140P/オンデマンド/ホロPP加工フルカラーカバー&クラフトカバー付/¥800 通販はこちらのフォームで受付中!
<注意>前提に「利土井」「半→伝」などの要素を含みます。あらかじめご了承下さい。</注意>

★冬コミでご購入頂いた方へ★
運送会社の配送遅延により、仮カバーでのお渡しとなってしまいました。
本に挟んである引換券を次回以降の参加イベントにお持ち頂きましたら、本カバーをお渡しさせて頂きます。



《あらすじ》
忍術学園に入学して初めての冬休み、きり丸は一年で最も儲かる年末年始のかき入れ時に心を躍らせていた。しかし居候先の家主である担任の土井は何やら浮かない顔でそわそわとしている。聞けば、かつて長らく世話になったもう一人の担任である山田の妻から突然に文を送られ、そこには無沙汰を咎めつつきり丸を連れて顔を出すようにと認められていたとか。アルバイトを反故にするなどできようはずも無く拒否をするきり丸であったが、結局寝込みに不意打ちを食らい強引に連れ出され、年越しを氷ノ山で過ごすことになる。冬山で、雪と戯れ熊を捌き(!)鍋を煮る。圧倒的平和! 圧倒的団欒!! 戦国時代とは、忍者とは一体なんだったのかと首を捻らざるを得ない室町ホームコメディ!です。たぶん。違ったらすいません。

本文サンプル(pixivに飛びます)


やっと書けた……!!

と、言うのが率直な気持ちですww^p^
実はこの話、最初の一冊「おしまい町(ry」を書いた時の山田家プチで出せたら出したいなあと思っていたお話だったんですが、まあその時はそのような余裕も無く……orz
それから約二年。あれから土井先生やきり丸、山田家を取り巻く状況や情報が様々に変わり(未だに50巻ショックを引きずっているw)自分自身の筆力も変わり、今になってみると二年前でなくこのタイミングで書いて良かったのかなと思います。
つって、この先また二年経った時に読み返したら絶対書き直したくなると思うんですけどね!^p^

内容的には、前作「B with U」が土井を取り巻くきり丸と利吉の話だったのに対して、この本はそれをもう少し広げて山田先生と山田先生の奥さんも含めた“家族”の話になります。
家族ってのは血の繋がりを基盤とするコミューンと思われがちですが、絶対にそれがなきゃ成立しないってこともないわけで。
夫婦だって家族だし、親と養子だけの世帯だって星の数ほどあります。
山田家は血に寄る辺を持つ家族ですが、土井家(土井先生ときり丸)は心に寄る辺を持つ家族です。
でも、そんな人たちが寄る辺の別なくひとつの家族になれたら素敵じゃないですかっていう、そういうお話です。たぶん。
(そうなってたらいいな……^p^)
ただ、(少なくとも私が書いているお話の中には)彼らが何の翳りもなく「家族」になるために乗り越えて行かなくてはならない問題が一つだけあります。
それが、利吉と土井の恋愛関係であったり、土井から山田先生に向けられる思慕であったりです。
(その辺りについてはは既刊の「B with U」と「流落」をご一読頂ければ幸いです……^p^)
そう!この本は!!誰がなんと言おうと!!!利土井本!!!!^p^p^p^
今よりもずっと同性愛には寛大な時代の話ではありますが果たして個人的感情として山田夫妻は、きり丸は、それを知った時に彼らをどう受け入れて行くのかというのがやっぱりひとつの大きな課題だと思うんです。
特に山田夫妻にしてみたら息子がその恋を全うしたらお嫁さんは来ないわけですから、跡取りも出来ないわけですよ。
それって結構この時代の人たちにしてみたら大問題な気がするんですよね。
きり丸にしてみてもふたりの間に自分がいることに引け目を感じることがあるだろうし、かと言ってやっと手にした寄る辺を手放すようなことはしたくはないだろうしで、自分の身の置き場について考えることが多くあると思います。
みんなみんな、お互いを大切に愛おしく思っているからこそ発生するしがらみや軋轢をちゃんと受け入れて乗り越えていってほしいなあと、そう思います。
はー……がんばろ!
スポンサーサイト

映像&音楽データディスク「彼岸から おかわり版」

2013.12.29 00:00|発行物
okawari-j.jpg

2013年12月29日 発行
ジュエルケース入りCD-ROM/20Pフルカラー冊子付/¥500 通販はこちらのフォームで受付中!

既に完売した自分のがカメラ主催した土井&きり丸親子コスプレROM「彼岸から」の、再販バージョンです。
詳細はROMの製作ブログをご参照下さい。m(_ _)m

落第忍者乱太郎 きり丸+土井半助フォトROM&イメージソング集「彼岸から」

冊子が余ってしまって、捨てるのも忍びなかったのでちょびっとだけ再版しました。
特典が少なかったりパッケージが簡略化されていたりするので価格は押さえ気味です。
また、映像と音楽を一枚のディスクに納めるためにデータディスク形式にしてあるので、DVDデッキやCDプレーヤーでは再生することができません。PC再生のみ可能です。
その点のみ、ご了承下さいませ。m(_ _)m

内容的には、要望の多かったボーカル曲のカラオケ版や予告編映像を収録したりなど、初回版をお手に取って頂いた方にもお楽しみ頂けるようにしてみたつもりです。が、どうでしょうか……?^p^
カラオケ音源の利用については、同梱の注意事項を守って頂ければ基本的にはご自由にどうぞです。
歌ってみた動画とかアップしていただけたら嬉しいですねvv^//p//^
| 2013.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
直近の参加イベント

2016/09/04忍FES.9

スペースNo.東4え4bで
お待ちしております!^o^

カテゴリ

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

書店委託

CQ-WEB(K-booksさま)
“蜘亭”でフリーワード検索

過去の主催企画(↑new・old↓)

タソガレドキ忍者 反屋壮太・五条弾・椎良勘助写真集「THIS LIFE」ウェブフライヤー

落第忍者乱太郎 きり丸+土井半助フォトROM&イメージソング集「彼岸から」

忍術学園文化祭

CMリンク(同人誌関係)





CMリンク(コスプレ関係)

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。